ホーム ブログ 記事 イスラムにおける家族の重要性

イスラムにおける家族の重要性

0
イスラムにおける家族の重要性

シッディ―キ氏と婦人は1980年代後半にパキスタンからアメリカ合衆国へと移住した。シッディーキ氏の兄弟の後援で、新しい世界で4人の子供により良い教育を受けさせる為に、明確で簡潔なゴールを目指した。

ムハンマド・ウスマンは1990年代の半ばに大学院の生徒としてアメリカへやって来た。彼は故郷であるエジプトに帰る意図で、ある有名な大学でコンピューターエンジニアリングを学んだ。結果的にはシリア系のアメリカ人である現在の妻に出会いアメリカに残ることにした。

メアリーキーフはアラブ人の父とアメリカ人の母に産まれた2児の1人だった。父方の家族とは疎遠だったので、メアリーはアメリカで生まれ育ったという点以外のアイデンティティーを感じたことはなかった。しかし、大学に通い始めると、物事は変わり始め、自己発見の旅に乗り出した。

次の3つの例は米国で生きるイスラム教徒の家族の多様性を適切に特徴付けている。多くの人が世界各地から集まってきたが、ある者には「家に帰る」という感覚はなかった。他者は真実を求める上でイスラムを探求し、イスラム教徒の家族としての伝統を守り始めた。

イスラムに おける家族

家族単位はイスラム教の重要な構成要素で、家族の全ての要素は親から子、配偶者と親族に大切に与えられる。

両親

聖なるクルアーンは読者に、特に両親が年老いてからの、子供たちの両親への義務について繰り返し述べている。

クルアーンで神は述べている。:
あなたの主は命じられる。かれの外何者をも崇拝してはならない。また両親に孝行しなさい。もし両親かまたそのどちらかが、あなたと一緒にいて老齢に達しても、かれらに「ちえっ」とか荒い言葉を使わず、親切な言葉で話しなさい。

そして敬愛の情を込め、両親に対し謙虚に翼を低く垂れ(優しくし)て、「主よ、幼少の頃、わたしを愛育してくれたように、2人の上に御慈悲を御授け下さい。」と(祈りを)言うがいい。(クルアーン,17:23-24)

イスラムにおいて両親のなかでも母親は特に大切にされる。クルアーンの中で母親の苦労は次のように述べられる。「母は懐胎に苦しみ、その分娩に苦しむ。懐胎してから離乳させるまで30ヶ月かかる。」(46:15)

預言者ムハンマドﷺはこの点について強く提案している。
ある同胞は彼ﷺ尋ねた。

「あなたの良い扱いに最も適しているのは誰ですか?
「あなたの母親です。」と使途ﷺは答えた。「次は誰ですか?」「あなたの母親です。」と再び答えた。「次は誰ですか?」あなたの母親です。」と彼ﷺは再び答えた。「その後は誰ですか?」「あなたの父親です。」

両親に従い良い扱いで尊敬と愛情を持って接することは、例え彼らがイスラム教徒でなくても、非常に尊敬される美徳である。預言者ﷺの同胞のある女性は、一度預言者ﷺにイスラム教徒ではない異教と部族の習慣と信念に従う母親をどう扱うべきかを尋ねた。預言者ムハンマドﷺは女性に娘から母親への義務であったように親切で思いやりを持って行動するように伝えた。

しかし、両親への従順は神への従順とは異なる。至高のアッラーは述べている。

「だがもしかれら(両親)が、あなたに対し何だか分らないものをわれに配するように強いるならば、かれらに従ってはならない。あなたがたは(皆)われの許に帰る。その時われは、あなたがたの行ったことを告げるであろう。」(29:8)

子供たち

Los Hijosイスラム教徒はさらに、両親に子供たちを慈悲、愛、平等で扱うように助言している。さらに両親は、子どもたちが道徳的に立派で責任ある社会人であるために、彼らに適切な教育を提供しなければならない。

預言者ムハンマドﷺは、父が子供に良い教育を与えることができる最高の贈り物を言った。預言者ﷺはまた、娘の適切な治療に重点を置き、娘をうまく育てる両親のために楽園の報酬を約束した。同時に、神はクルアーンで節度を求めている。

預言者ムハンマドﷺは父親が子供に与えられる最高の贈り物は良い教育であると述べた。預言者ﷺは娘の適切な扱いに重点を置き、娘を上手く育てた両親に楽園の報酬が約束された。同時に神はクルアーンで節度を呼びかけている。

「信仰する者よ、あなたがたの富や子女にかまけて、アッラーを念じることを疎かにしてはならない。そうする者(アッラーを念わない者)は、自らを損う者である。」(63:9)

結婚の重要性

El Matrimonio結婚は男性と女性の間の神聖な社会契約だ。すべての偉大な宗教と同様に、イスラム教も結婚の制度を強調している。神は聖クルアーンで仰せられる。

:またかれがあなたがた自身から,あなたがたのために配偶を創られたのは,かれの印の一つである。あなたがたはかの女らによって安らぎを得るよう(取り計らわれ),あなたがたの間に愛と情けの念を植え付けられる。本当にその中には,考え深い者への印がある。(30:21)

さらに、クルアーンは夫と妻のための衣服の隠喩を出すことによって夫婦関係の深さを美しく表現している。

かの女らはあなたがたの衣であり,あなたがたはまたかの女らの衣である。
(2:187)

また預言者ムハンマドﷺは、結婚は彼の伝統(スンナ)であると具体的に言及しており、半分の信仰を完成させる事と同じでさえあると述べた。

同性愛

クルアーンにある結婚と預言者ムハンマドﷺの言説によると、彼ﷺは間違いなく異性愛者である。

実際、同性愛は厳密にイスラム教で禁じられている。預言者ロットの話はクルアーンで繰り返し言及されており、彼の民衆の行動は、猥褻、過度に罪深い、淫語、悪、恥ずべき行動と呼ばれている。

イスラム教徒はゲイやレズビアンを人間として差別しないが、彼らの同性愛は人類の始まりから神が設定した範囲を逸脱するものとして嫌う。この正統性において、正統キリスト教とユダヤ教も同性愛を強く非難し続けている。

結婚の過程

イスラム教では結婚前の交渉は存在せず、性交も禁止されており、イスラムの結婚観は将来の配偶者間の相性を判断する必要性を認識している。例えば、シッディーキ一家は、長女のサーラが結婚に送り出す際は、彼女と彼女の婚約者が結婚の約束をする前に、監督の下でお互いに話す機会を与えられたことを確認した。彼らは婚約した後、電話と電子メールで対話を続けた。

配偶者は様々な方法で選択されます。サーラのような結婚はお見合いによるものです。ムハンマド・ウスマンと妻のイマンが大学のキャンパスで出会い、お互いに行為を持ったように交流して、自分のパートナーを見つける人もいます。

すべてを通して、焦点は即時結婚することが目標である。このように、イスラームは2人の異なる人物だけでなく、その多様な視点や独特の背景、およびその家族も同様に、婚姻の精神を生かしている。今までの自律的な生活を織り交ぜ、願わくば正常に伝統を継承し続けることを約束している。

一般的な信念とは異なり、イスラムは性別にかかわらず強制的な結婚を許可しない。実際に結婚は花嫁と新郎の両方の明白な承認なしには不完全である。イスラム教における結婚は、第三者が結婚可能な年齢の子供を持つ2つの家族をお互いに紹介する過程を指している。結婚式は、家族や友人を巻き込んだお祝い行事で、文化によっては数日間続く場合もある。しかし結婚の本質は、2人の証人によって監督されお互いに結婚することを口頭で確認した後に、花嫁と新郎の両方が署名した結婚契約にある。この式典はニカーと呼ばれ、夫と妻の2人を結びつける。預言者ムハンマドﷺ

の習慣と同様に、ワリマと呼ばれる結婚式の祝賀会が夫によって主催される。興味深いことに、多くのイスラム教徒の国々では、夫の名前を変更するという法律が存在し続けているが、イスラム教を実践しているアメリカのイスラム教徒の女性は、誰と結婚して自らの父親の娘であることを理解している。彼らは、預言者ムハンマドﷺの次の言葉から手がかりを得ている。

あなたはあなたの名とあなたの父親の名前によって復活の日に呼び出さるだろう。

預言者ﷺの時代の女性たちは、夫の名前ではなく、父親の名前で知られていた。この伝統に続いて、メアリー・キーフは結婚後に夫から異議を唱えるられることなく、彼女の名字を保つことにした。

さらに、夫は家庭や家族を維持するために供給する事が期待される為、妻は自由に自らの収入を保つことが出来る。しかし実際には、多くの夫婦が共同で銀行口座を維持し、一緒に家庭の負担を分担している。

離婚は嫌悪されるものの、受け入れられ合法化された社会的現実である。
妻また夫は最後の決定に達する前に、両者の関係を修復することを希望し、両者からの長官と数カ月の交渉を含む失効処理過程を開始することができる。

一夫多妻制

一夫多妻制はイスラム教徒の間で少数者によって実践されているが、それは決して規範ではない。イスラム教は一度に4人までの妻と結婚することを男性に許可しており、この習慣はいくつかの文化でより一般的だ。男性が複数の妻を持つことを選んだ場合は、すべての人を正義で扱わなければなりません。クルアーンに次のように述べられている。

「あなたがたがよいと思う2人,3人または4人の女を嬰れ。だが公平にしてやれそうにもないならば,只1人だけ(嬰るか)」(4:3)

無限の多妻制度は、様々な文化の中で実践されてきた。イスラム教は妻たちを正当に扱うことができないかもしれないと恐れつつ、特定の国の女性の比率が高いこと、戦争の犠牲と社会における過剰な男性の死亡率、姦通などの社会の悪に対して正当で保護的な解決策を提供するなど、さまざまな要因を認識している。

伝統を次世代に伝えること

子供を持つことは多くの場合、多数のイスラム教徒の夫婦にとって自然な次のステップであるが、中には子供を持つ前に数年待つことを選択し、他の人はそうすることができないというのが世界中でかなりあるケースである。

子供の名前を付けることは、時には祖父母の関与と家族関係になる可能性があり、夫婦が自分の子供に付ける名前を選ぶ傾向がある。

子供が生まれてから7日目に、屠殺の宗教的犠牲が遂行され、赤子の頭は剃られ、髪の毛の重さの同様の金額が施しとして与えられる。
この式典はアキーカと呼ばれ、代わりに出産の14日、21日、28日後に行われる場合がある。

核家族

クルアーンは、子宮間の絆を守る重要性を繰り返し強調している。 2つの例:

近親者に,当然与えるべきものは与えなさい。(17:26)

アッラーに仕えなさい。何ものをもかれに併置してはならない。父母に懇切を尽くし,また近親……(4:36)

預言者ムハンマドはﷺも同様に命じられた。

アッラーと終末の日を信じる者は誰でも、親族との良好な関係を維持するべきである。

イスラム教徒の夫婦にとって一緒に生活を始める時でさえ、家族との強いつながりを維持することは、彼らのライフスタイルの重要な側面だ。夫婦の中には家族と同居している人たちもいる。核家族として暮らすことを好み、仕事の場所や選ばれたコミュニティー、または国家の好みに応じて、どちらかの親の近くか遠く離れた場所に住むことができる。

それにもかかわらず、特に夏休みや結婚式での頻繁な家族同窓会が一般的だ。多くの人がその目的のために自国の国を訪れる。

逆に、海外の家族も定期的にアメリカの家族を訪問する。
シッディーキ一家は現在20年以上アメリカに住んでおり、シッディーキ氏がパキスタンについて懐かしく語るときも、姉妹はアメリカ以外の家を想像することはできない。

彼らは両親の期待に応え、生産的な市民であるだけでなく、地域社会に貢献することを約束している。長女のサーラは先生である。 ザファールはソフトウェアプログラマーだ。 ハイダーは建築家であり、ハラは丁度歯科大学を修了している。

彼らは皆結婚しており、家族や仕事や地域社会の責任を持ち、両親の伝統を受け継いでいる。家族として、シッディーキ家は来年パキスタンの親戚と長年の友人との再会のためにパキスタンを訪問する予定だ。

ムハンマド・ウスマンとイマンにも長い歴史がある。成功したソフトウェアアナリストであるウスマンは、地元のモスクで開催されているコミュニティイベントに日常的に参加している。
作家のイマンは家にいる事を選択し、フリーランスで働いている。彼女はまた、クルアーン朗詠会の組織化からスープキッチンへの参加に至るまで、モスクの慈善活動において忙しくしている。
彼女はまた地域の公立図書館の積極的なメンバーでもあり、毎週ボランティア活動を行っている。

La Familiaさらに、彼女は2人の子供が定期的に出席する週末のイスラミックスクールで教えている。

ウスマンの両親は、数ヶ月間隔年で彼らを訪れる。彼らは当初、アメリカの郊外の平和と静けさを楽しんでいたが、彼らは結局のところ彼らの出身の都市生活の喧騒が恋しくなり、自宅に戻りたいと思っている。

メアリー・キーフは現在、家庭のある優秀な医師だ。彼女は大学1年生の時に元気なイスラム教徒の女の子と一緒の部屋になって以来、様々な道のりを経ている。

彼女のルームメイトがムスリム学生協会(MSA)が主催する講義に出席するように彼女を招待した時、メアリーは消極的だが参加した。

講演は「イスラム史:栄光の過去」と題された。メアリーはとても魅了され、彼女は父親に電話をして、すべてのことを話した。

彼女は自ら研究を始め、彼女のアラブ人の祖先を理解し始めた。

その夏、彼女は彼女の両親に彼女を父親の母国であるヨルダンに連れて行くように頼んで向かった。彼女は嬉しかったが、何故か満足していなかった。

彼女は彼女のキャンパスに
戻り、彼女のイスラム教徒の友人と本当に故郷にいるかのような思いで、より多くのMSAミーティングに参加し始めた。

中学校とその後、彼女は地元のモスクに通い続けた。
今日、彼女は自らの家族が多くの人種のるつぼである事を知り、家族がどこに住んでいても、アメリカ人のイスラム教徒であるという一つの共通点を持っていることを誇りとしている。

この記事で紹介する家族は架空のものである。しかし彼らの人生の記述は、さまざまなアメリカのイスラム教徒の家族に容易に適用することができる。

より関連した記事をロードしてください
コメントは締め切りました

確認する

彼氏と彼女:なぜ結婚?

イスラム教は何故婚前交渉に反対しているのか? イスラム教は同棲とは対照的に結婚をどのように見ているだろうか?イ … …