ホーム ブログ 記事 イスラム教において、死後何が起こるのだろうか?

イスラム教において、死後何が起こるのだろうか?

0
イスラム教において、死後何が起こるのだろうか?

私は、死ぬ前に行うべき事のリストを作ろうとしているので、いくつかの提案が必要だ。イスラム教が、死について何を語っているのかコメントをお願いします。

全能者のアッラーは最も賢い御方であり、すべてのことを知る御方である。

イスラム教の教えに親しんでいない人の為に、この最も誠実で深い質問に答える前に、基本事項をおさらいするべきである。

聖クルアーンの終わりには 「時間章」と呼ばれる短い章があり、それは人間の生死に関する多くの問題を解決することができる、非常に重要な意味を持っている。その翻訳を読んで考えてみよう。

「時間にかけて(誓う)。本当に人間は、喪失の中にいる。 信仰して善行に勤しみ、互いに真理を勧めあい、また忍耐を勧めあう者たちの外は。」(偉大なるクルアーン 103:1-3)

上記のクルアーンの部分とそれに関連する章から、イスラム教の学者たちは次のように結論づけている。

私たち一人一人は、死ぬまでに成就することを目的として生まれた。それ(目的)は唯一の真の神をかれの諸条件について崇拝することだ。

「ジンと人間を創ったのはわれに仕えさせるため。」[偉大なるクルアーン 51:56]

私たち全員が死に、墓の中に入るだろう。

「各人は死を味わわなければならない。」[偉大なるクルアーン 29:57]

私たち全員(信者と非信者)は、裁きの日に再創造される。(復活)する。

「本当にわたしたちは、アッラーのもの。かれの御許にわたしたちは帰ります。」[偉大なるクルアーン 2:156]

これらの者は、甦ることを考えないのか、偉大なる日に。その日、(凡ての)人間は、万有の主の御前に立つのではないか。[偉大なるクルアーン83:4ー6]

一人一人が彼または彼女の 「記録の書」(彼らのすべての行為のリスト)を受け取ることになる。

「断じていけない。罰ある者の記録は、スィッジーンの中に(保管して)ある。」[偉大なるクルアーン 83:7]

そしてアッラーは仰せられた。

「その時右手にその書冊を渡される者に就いては、

かれの計算は直ぐ容易に清算され、

かれらは喜んで、自分の人々の許に帰るであろう。

だが背後に書冊を渡される者に就いては、

直に死を求めて叫ぶのだが、

燃える炎で焼かれよう。」[偉大なるクルアーン84:7‐12]

一人一人が自分のしたことに対して責任を負う。

「一微塵の重さでも、善を行った者はそれを見る。一微塵の重さでも、悪を行った者はそれを見る。」[偉大なるクルアーン99:7‐8]

誰も、他人のために罪や罰を取り除くことはない。

「アッラーは誰にも、その能力以上のものを負わせられない。(人びとは)自分の稼いだもので(自分を)益し、その稼いだもので(自分を)損う。」[偉大なるクルアーン2:286]

主の意志を除いて、誰もその全能者と取り引きをすることはないだろう。

「かれの許しなくして、誰がかれの御許で執り成すことが出来ようか。」[偉大なるクルアーン2:255]

天国か地獄なのか、最終目的地はその時に知らされるだろう。

「あなたがたは必ず獄火を見よう。」[偉大なるクルアーン:102:6]

アッラーの憐れみ以外によって誰も楽園には入らない。

ムハンマド(彼に平安と祝福あれ)は述べた。

アッラーの憐れみを除けば、誰もジャンナ(楽園)に入ることはできない。預言者の仲間が「あなたでさえですか?アッラーの預言者よ?」と尋ねられた時、彼は「私でさえ」と答えた。

それを獲得した人以外は、誰も業火には入らないだろう。

「それでわれは燃え盛る業火に就いてあなたがたに警告した。最も不幸な者でない限り、誰もそれで焼かれない。」[偉大なるクルアーン 92:14-15]

死は、戻ることのできない土地への旅のようなものである。だからあなたが死ぬ前に、旅のお供に、3つの物を必ず忘れないでください。

身分証明書

永遠に続く十分な栄養

充分な衣服または覆い

1.適切な身分証明書:[個人の生活記録帳]

これは2つの非常に重要なカテゴリーを指す。

信条(信念)

行動(行い)

次の人生への容易な移行と、楽園での適切な場所を保証するために、それらは両方とも正されなければならない。

比類なき唯一の真の神と、神への崇拝行為への信仰の契約から始めよう。
これは、「存在するすべてのものの唯一の創造主、支持者、そして神である唯一の真の神がいる」という理解に至る人なら誰もが意味する事である。これは「唯一性」またはイスラム教のタウヒードとして理解することができる。

次の3つのカテゴリーに分類すると理解が深まるだろう。

1. 主権の唯一性[タウヒード アルールッブビーヤ]

2. 帰依の唯一性「タウヒード アル―ウルヒーヤ]

3. 名前と性質の唯一性[タウヒード アル―アスマ ワッ‐シファ]

正確な信条

死後に聞かれる3つの事項

質問: あなたの主は誰ですか?

唯一受け入れられる答え:アッラー

質問:あなたの宗教は何ですか?

唯一受け入れられる答え:イスラム

質問:あなたの使徒は誰ですか?

唯一受け入れられる答え:ムハンマドﷺ

死の天使が体から魂を取り除いた後、天使達は死者の魂を天に運ぶ。 天の門は、正しい答えを持っていない人に対しては閉じられる。 上記の質問の後、魂は自らの死体と再会し、審判の日までの残りの時間を待って過ごす。

すぐにあなたはこれが公正ではないと主張する人々に出会うだろう。ムハンマドﷺは、アッラーによってわずか1400年前にイスラム教を啓示された。したがって、彼の前に生きていたすべての人々はどうなるのだろうか?またアッラーとイスラム教とムハンマドﷺのことを聞いたことがなかった人々はどうなるのだろうか?

答えはとても簡単である。イスラム教は全能の神[アッラー]のすべての預言者によってもたらされた唯一の真の宗教である。

彼らは皆、宇宙の唯一無二の神に完全に降伏するという啓示を説いた。
もし彼らが「全能者への降伏、服従および従順、誠実さと平和の中」での生活を送った場合、実際アラビア語を知らなくても、真のイスラム教徒として生きたという事である。

これは、アダムからモーセ、そしてイエスやムハンマド(彼らに平安と祝福あれ)をはじめとする全能の神の全ての預言者達の支持者の皆が、これらの質問に対する正しい答えを与えられるということを意味する。

2.栄養[適切な行い]
:預言者ムハンマドﷺは信者に告げた。

「隣人が腹を空かせたまま、夜に満腹で寝るものは信者ではない」

預言者ムハンマドﷺは述べた。

「慈善活動はすべてのイスラム教徒にとって必要不可欠です。」「ではもし何も持っていなければどうですか?」と預言者ﷺは尋ねられた。

「彼は自己の手を使って、自己の利益のために働き、収入から何かを捧げるべきだ。」預言者ﷺの仲間は尋ねた。「もし彼が働けなかったらどうしますか?」預言者ﷺは答えた。「彼は貧しい人々を助けるべきです。」

彼ﷺの同胞はさらに「彼がそれもできないとしたらどうするのですか?」と尋ねた。預言者ﷺは述べた。「彼は他人に善行を促すべきです」。仲間は述べた:「もし彼がそれも欠いているとしたら?」預言者ﷺは言った。「彼は悪行から自己を守る必要があります。それもまた慈善行為です。」

預言者ムハンマドﷺは述べた。

「あなたの体には360の関節があり、それぞれに毎日慈善活動が必要です。」

「笑顔であなたの兄弟に会うことさえ慈善の行為です。」

全能者の為のみの慈善と優しさ。これらの善行は、審判の日まで墓の中で彼または彼女の人生に同行するだろう。審判の日に、彼らは皆、自己の現生での行いをはっきりと見るだろう。

出生から、死までの自己のすべての行動と行為を記録する2人の天使が存在する。右側の天使はすべての善行を記録し、左側の天使はすべての善行を記録する。

人が善行を行なおうとすると直ぐに、その人物のために良い行いが記録される。善行を行った後は、その人物のために10の完全な善行が記録される。(あるいは70または700、アッラーが望まれるままに)。

ある人物が他の人に善行を行うように励ましている場合、その善い行いを呼びかけている人に対する報酬が記録される。

ある人物が悪い行いをしようするが、それが間違っていることを知っているので、それをやめた場合、彼らのために完全な良い行いが記録される。

またある人物が悪い行いを意図しているが、それを犯す機会がない場合、何も記録されない。

ある人物が悪い行いを犯した場合、左側の天使は彼または彼女の「記録の書」に悪い行いを記録し始めるが、右側の天使は彼を止めて、その人が悔い改めるかどうかを待つよう求めるだろう。しばらくすると左側の天使が再び悪い行いを記録し始めるが、右側の天使も同じように訴えて彼を止めるだろう。これはしばらく続き、その人が全能のアッラーの赦しを求めることを拒むと、その人の完全な悪い行為がその人の書に記録される。

人が悪い行いを犯したなら、彼または彼女はすぐに全能者からの赦しを求め、良い行いで悪い行いを償うべきである。

さらに、人がイスラム教の教えに従って時間通りに義務的な祈りを行うとき、直近の祈りからのすべての罪は赦される。

人がイスラム教の教えに従い、金曜日の礼拝に出席するとき、彼または彼女はその前の週の金曜日の礼拝以降のすべての罪が許される。

イスラム暦のズルヒッジャの月の間に、人がメッカへの義務的な巡礼をするとき、誕生以来のすべての罪は赦され、記録の書は新しいスタートのために、真っ白になるだろう。その以前の善行はすべてそのまま残る。

他の新興宗教からイスラム教に改宗した場合、彼または彼女の罪のすべてが赦され、浄化され以前のすべての罪が適所に保たれるだろう。その人は生まれたばかりの赤ちゃんと同様に純粋で清潔だが、それ以前のすべての行為は、善行か悪行かを問わず、すべてがイスラムの新改宗者のための善行の山になるように浄化されるだろう。

3. 衣服:[道徳と振る舞い]

預言者ムハンマドﷺはアッラーが次のように仰せられたと述べた。

「我を崇拝する者に敵対する者との戦いを宣言します。我を崇拝する者は、我が彼に命令した事を遂行するよりも愛されることで我に近づく事はない。我のしもべは、我が彼を愛する限り、追加の崇拝行為を行うことによって、我に近づき続ける。
それから我は彼の聴覚、視力、彼の把持、彼の歩み、そして彼が我に何かを望むなら、それを認め、そして彼が我の保護を求めるなら、我は彼を守るだろう。彼の魂を奪うことほど嫌いなことはない。彼は死ぬのが嫌いだから、私は彼をがっかりさせたくないからだ」と語った。

 

より関連した記事をロードしてください
コメントは締め切りました

確認する

ヒトの胎生期の発達

現代の科学者が、人間の創造とその発達に関する重要な情報を発見する1400年も前に、偉大なるクルアーンにおいて、 … …