ホーム ブログ 記事 イスラム教における道徳と倫理

イスラム教における道徳と倫理

0
イスラム教における道徳と倫理

「道徳」という言葉はモラリタスというラテン語に由来し「マナーと性格と適切な振る舞い」という意味だ。道徳とは一般的に個人、団体や社会が権威あるものとして保有し、誤りから正しいことを区別する為にある行動規範を指す。このような理想的な行動規範は他の選択肢に優先して賛同される事が多い。

包括的な生活様式としてのイスラム教は、その唯一の世界観の重要な側面である完全な道徳的システムを包含する。私たちは、善と悪がしばしば相対的な概念として見なされる時代に生きている。

しかし、イスラム教徒は、道徳的立場は相対的ではなく、代わりに行動が道徳的または不道徳とみなされる普遍的な基準を定義していると主張する。
イスラムの道徳的な体制は、道徳を定義するだけでなく、それを達成する方法を人類に導くという点で、個人レベルでも集団レベルでも際立っている。

イスラム教の道徳における基本的な原則

イスラム教の道徳的なシステムは、宇宙の創造者であり持続者である神としての唯一の神に対する主な信念から始まっている。イスラム教は、人類が神の創造物の一部であり、彼の主題であると考えている。

イスラム教の観点から、人間の人生の目的は、神の御意と調和してこの世の人生を導き、それによってこの世の平和を達成し、以後の人生において永遠の成功を収め、神を礼拝することにある。イスラム教徒は慈悲深いクルアーンと預言者の伝統を道徳的指針としている。

栄光のクルアーンで述べている。

「正しく仕えるということは、あなたがたの顔を東または西に向けることではない。つまり正しく仕えるとは、アッラーと最後の(審判の)日、天使たち、諸啓典と預言者たちを信じ、かれを愛するためにその財産を、近親、孤児、貧者、旅路にある者や物乞いや奴隷の解放のために費やし、礼拝の務めを守り、定めの喜捨を行い、約束した時はその約束を果たし、また困苦と逆境と非常時に際しては、よく耐え忍ぶ者。これらこそ真実な者であり、またこれらこそ主を畏れる者である。」[ クルアーン2:177]

この節は、真実で誠実な信仰の前に、正義と敬虔が根付いているというイスラムの信念を強調している。美徳と善行への鍵は、何時でも何処でも全てを見る神との強い関係だ。主は心の秘密とすべての行動の背後にある意図を知っておられる。

したがってイスラム教はすべての状況において道徳的行動を勧める。

神は他人がそうでなくても、それぞれを認識している。世界を欺くことは可能かもしれないが、創造主を騙すことは出来ない。

神の愛と継続的な意識と裁きの日は、人が献身的行動で、誠実な意思で道徳的になることを可能にする。

栄光のクルアーンはまたこう述べている。

言ってやるがいい。「本当にわたしの主が禁じられたことは、あからさまな、また隠れた淫らな行いや罪、真理や道義に外れた迫害、またアッラーが何の権威をも授けられないものを崇拝すること。またアッラーに就いて、あなたがたが知らないことを語ることである。」[クルアーン 7:33]

クルアーンが「真実や理性に対する罪と不法行為」を指すのは興味深いことである。

これは、すべての人間に対する生まれながらの道徳的感覚への神の祝福を示している。そのような道徳的感覚は、家族や社会によって腐敗されていない場合、人々を尊敬すべき美徳の行為に導くものだ。
イスラム教はすべての人間の道徳感覚を高め増幅し、その人物の性格を高貴な美徳で飾ることを目指している。

したがってイスラム教の道徳的原則は自然に人間の知性にアピールし、道徳性の追求を崇拝行為のレベルまで高める。これはイスラム教が、神の喜びを達成するという目標を持って行われる全ての行動を、崇拝行為として見なして持しているからである。

道徳と個人

イスラム教徒の行動の指針はクルアーンにあるアル・アマル・サレまたは良い行為を示す。この言葉は崇拝行為の外側のみではなく全ての行為を網羅している。

イスラム教徒に期待される最も主要な人の特徴の中には敬虔さや謙虚さ、そして神に対する深い責任感というものがある。イスラム教徒は神や他の人々の前で謙虚になることが期待される。イスラム教はまた、全てのイスラム教徒が彼らの情熱と欲望に支配されることを禁じている。

イスラム教は、この世界の一時的な快楽に虚栄と過度の愛着を持つことを警告している。物質世界に私たちの心を満たさせることは簡単だが、イスラム教は神を胸に、物質世界を適度に神の指導に従って活用するよう呼びかけている。

栄光のクルアーンは述べている:

「その日には、財宝も息子たちも、役立ちません。
ただ汚れのない心を、アッラーに捧げる者だけは別ですが。」 [ クルアーン:26:88-89]

施しはイスラム教において最も賞賛される行為の一つだ。実際にあるレベル以上の富を抱えている全てのイスラム教徒に課されている一年に一度の施しであるザカートはイスラム教の柱の一つだ。繁栄に対する感謝、逆境における忍耐、真実を守る勇気。例え自分自身に不都合であっても、それらを重視することは全てのイスラム教徒が奨励する資質のほんの一部に過ぎない。

道徳と社会

個人と社会に対しても、腐敗は衰退の主な原因の一つであるように、道徳は基本的な強さの源の一つである。

イスラム教徒の広範囲の枠組みの中で、個人の権利を尊重しながら、イスラム教は社会の道徳的健康にも関わっている。

したがって、個人と社会の福祉につながるものはすべて、イスラムにおいて道徳的に良いものであり、有害なものは道徳的に悪いものであると言える。

イスラム教は、健康で公正な社会を重視し、道徳性や道徳性の向上につながる事項を支持し、腐敗や腐敗の蔓延につながる問題に取り組んでいる。イスラム教における差し止め命令と禁止命令は、この点で見られる。

最後に

イスラムの道徳は、挨拶から国際関係まで、イスラム教徒の人生のあらゆる側面に対応している。その適用範囲と適用範囲において普遍的である。

イスラム教徒は、善良であるだけでなく、美徳を勧告することも期待されている。

イスラム教徒は邪悪と悪事を避けるだけでなく、積極的に人々にそれらを放免するように求めなければならない。言い換えると、彼らは道徳的に健全であるだけでなく、社会全体の道徳的健全性にも貢献しなければならない。

預言者ムハンマド(彼に平安がありますように)はイスラム教徒の行動を要約して述べた。

「私の常に与えて下さる御方は私に9つの戒めを与えて下さった。

すなわち私的であろうと公的であろうと、神を意識することさ。

怒っていても満足していても、公正に話すこと。

貧しい時も豊かな時も適度であること。

友情が途切れた人たちと再交渉すること。

私自身を拒む者に与えること。

私の沈黙は思考で占められていること。

私の姿勢は警告的でなければならないこと。

そして、私は正しいことを命じなければならないことである」

と述べた。

より関連した記事をロードしてください
コメントは締め切りました

確認する

ヒトの胎生期の発達

現代の科学者が、人間の創造とその発達に関する重要な情報を発見する1400年も前に、偉大なるクルアーンにおいて、 … …