Home ブログ ニュース 自分を罵った相手に、職と家をプレゼントしたイスラム教徒。

自分を罵った相手に、職と家をプレゼントしたイスラム教徒。

ホームレスの男性がイスラム教徒の男性を人種差別的に侵害したが、代わりに職と家を見つけてあげた。

ホームレスの男性がイスラム教徒の男性を人種差別的に侵害したが、代わりに職と家を見つけてあげた。

イギリスのブラッドフォード出身のアミヌル チャウドウ リーはベン ガロンというホームレスの男性から人種差別による侵害を受けたが、仕返す代わりに、その男性と会話を試み彼を飲みに誘った。

アミヌル は:

「初めは放っておこうと思ったんですが、ベンが私に言ったことに挑んでしまって。それをやめて15分ほど彼と話しをしたんです。」と述べた。

べンと話しをした後に、アミヌルは彼の仕事を探す助けになると話し、両者は番号を交換した。ベンは初め、アミヌルは単に求人情報の提供に関して丁重であるだけだと感じたが、次の日に彼から彼の友人のビジネスの面接に関する電話を受け取ったと語った。

「次の日に彼は電話をくれて言ったんです。「ベン、君を迎えに行ってもいいかい、君のための面接があるんだ」その日に、彼は僕を迎えにやって来て、キャナル通りまでドライブして、10分後にはその仕事を勧められたんだ。」

アミヌルは:

そこで留まらず、ベンの為にブラッドフォードで住居を探し始めた。

自身の行動を後悔したベンは述べた。

「そんな言葉を使う理由はなかった。私を許してくれる彼に誇りを持って悔悟します。その状態からポジティブなことが起こった。」

「その経験から学びました。私が言ったことは私らしくなかった、私は人種差別主義者ではありません。」「物事が上向きになってきました。私は素晴らしい仕事に就きました。」

アミヌルは

どういった経緯でその様に応答したのか説明した。

「私は人種差別による虐待を受けましたが、人種差別に打ち勝つ良い方法は寛容さを見せることです。私は世界を変える事は出来ないが、人に教えることは出来るだろうと思ったんだ」

「この例はブラッドフォードに住むアジア人に人種差別への対処法を教えています。愛を見せれば見せるほど、更に彼らとの愛を深めることになるでしょう。」

人種差別の悪化による最悪な暴動の一つは、英国の巨大かつ拡大を続けるアジア人コミュニティと街中の白人大多数の間で、2001年にブラッドフォードで起きた。その結果300人の警察官が負傷し、297人が逮捕された。アミヌルとベンは、彼らの物語が地域社会における様々な人種と様々な宗教を持つ人々の関係を改善する助けになればいいと願っています。

この物語は確かに私たち皆のための偉大な教訓であり、良い振る舞いが人々の心を魅了する最良の方法であると浮き彫りになった。預言者ムハンマド(彼に平安あれ)も、彼の良い性格が人々を惹きつけ、多くの人々がそれをきっかけにイスラム教に改宗を始めました。

Load More Related Articles
Comments are closed.

Check Also

もし神が存在するなら、何故悪や不正義、そして戦争を創造したのか?

神は純粋で、善で、愛で公正であるのだろうか? もしそうなら悪、憎しみ、不公正はどこ から生まれるのだろうか? … …