ホーム ブログ 地球の大気圏 大気圏が地球に降りてくる!

地球の大気圏 大気圏が地球に降りてくる!

0
地球の大気圏

あなたは大気の重量を知っているだろうか?それは地上に落ちてくるだろうか?大気を安定させ、地球に付着させるものは何だろうか?それは重力と大気の密度である。

私の親愛なる友よ。クルアーンで言及されている「空」という語を理解するには、大気が私たちの空であることを知らなければならない。アラビア語で「あなたの上にあるものは全て、あなたの空である」と言い、雨の源である雲が含まれている。神はこう仰せられる。

われは天から適量の雨を降らせ、それを地中に止まらせる。またわれは、それを無くすことも出来る。[偉大なるクルアーン23:18]

空(天国)は数十億光年にも広がっており、銀河や宇宙塵はすべて天国にあるが、クルアーンは空が私たちの頭に落ちてくる可能性について言及している。

クルアーンが啓示された時、大気がとても重く、その大気がなくなれば、多くの危険が私たちに引き起こる可能性があることを誰も知らなかった。クルアーンは、このような事実を私たちに知らせ、全能の御方がどのようにこの危険性から私たちを守っておられるかに言及している。

地球上に50億キロの隕石が落ちてくるとどうなるだろうか?その大気を保持する御方はアッラーであり、かれはその限りない御力でこの秩序を利用した。例えば、大気の密度が隕石よりも低い場合、それは蒸発して宇宙で散り去ってしまっただろうし、重力が大気の密度未満であれば、地球は大気を保持することができなかっただろう。それゆえ、全能のアッラーは、大地を頑強に保つために、地球にとって大気を正しい容量と重量にされたのである。したがって、私たちはこの次の節を理解することができる。

また天をかれの御許しなく地上に落ちないよう支えられる。本当にアッラーは人間に、優しく慈悲を垂れられる御方である。[偉大なるクルアーン 22:65]

私たちはこの節をクルアーンと科学において矛盾のない次の2つの仕方で理解することができる:

空(天国)を大気として理解すれば良いだろう。アッラーは自身の力によって、それが私たちに落ちないようにする。もし落ちたとしたら、人生は終わるだろう。

空(天国)が宇宙空間であることを理解すれば良いだろう。宇宙の岩石や流星の衝突が破壊的な災害を引き起こす。

科学者たちは、どんな物体も地球と衝突する可能性は非常に高いと言うが、全能のアッラーの御力は、地球を外的危険と内的危険から保持する。

私たちは神の恵みに対して感謝することしかできない:

本当にアッラーは人間に、優しく慈悲を垂れられる御方である。[巡礼章 65節]

 

より関連した記事をロードしてください
コメントは締め切りました

確認する

ヒトの胎生期の発達

現代の科学者が、人間の創造とその発達に関する重要な情報を発見する1400年も前に、偉大なるクルアーンにおいて、 … …